当地区は標高320m、蔵王連峰を望む温泉観光地として知られ、年間を通して多くの観光客が訪れる。地域住民の職業は、戦後の第一次産業から、観光産業への従事や町内、近隣市町にある会社に勤務する会社員がほとんどである。
生徒は全体的に素直で明朗である。授業態度や生活態度も良好で、学校行事などへの取組も熱心である。
しかし、近年の少子化により生徒数が減少し、部活動や生徒会活動の再編が迫られている。